農機具関連 ツイッター、ブログ記事

農機具関連 ツイッター、ブログ記事

 

こちらのカテゴリ−では農機具買取業者のブログ記事やツイッターに掲載された
記事を抜粋してご紹介いたします。管理人の独断と偏見で選んでおりますので
その点はご了承くださいw

 

 

収穫の秋

 

 

コンバインが稲を刈り進んでいく様子は圧巻です。農機具を使っているので手作業に比べて格段に作業効率がアップしていますが、テクノロジーはどんどん進化しています。クボタの木股昌俊社長は農機具の完全自動運転を2021年までに実現させると発表しています。自宅から農地までの往復も自動にすることを視野に入れ開発を進めているそうです。人工知能(AI)の搭載を全機種に行い、周囲の状況を判断できるようにし省力化を図る方針です。

 

自動運転と言えば大型トラックや自家用車の話題ばかりがメディアに取り上げられますが、実用化が最も進んでいるのは農機具ですね。非常に楽しみです。

 

 

毎日新聞 クボタ木股社長 農機の自動運転「2021年までに」

 

 

 

卒農アルバム

 

 

「卒農」とはどういう意味でしょう? 文字を見てある程度は予想できますね。
おそらく農業を辞める、という意味が込められているのではないでしょか。

 

 

詳しくは農機具王三重店さんのサイトをご覧ください。大きな声では
言えませんが、三重店さんのサイトはワ−ドプレスを駆使して非常に
見やすいサイト構成になっています。

 

 

農機具王のメインサイトよりインパクトありますね。
ここだけの話なんですが・・・

 

 

 

これが私たちの裏事情!

 

 

 

農機具王三重店のツイッタ−に農機具搬出の様子が書き込まれていました。
(ブログにリンクしています)
なんと農機具2台を1台のトラックに積み込んでいます。無茶な積み方を
している様に見えますがまったく問題ないとの事です。

 

 

2台の農機具を2回に分けて運搬するよりも一度で全て終わらせる事で 

 

@時間の節約、経費の節約。
Aお客様にも無駄な時間を取らせない。
B運送コストを下げることで、その分、買取価格に上乗せする事ができる。

 

これだけのメリットが生まれるそうです。合理的で素晴らしいですね。

 

 

海を渡る農機具!!

 

農機具王、福岡店のブログに海外に輸出される籾摺り機の様子がアップされています。
農機具王で購入してポ−ランドに輸出するという事です。農機具だけでなく、籾摺り機や
計量器などの製品も増えているそうです。

 

 


出典:農機具王amebaブログ

 

 

""

出典:農機具王amebaブログ

 

 

現地で製品を購入するよりも日本製の機械を買って輸出する方がコストもかからず
利益が出るのでしょうね。輸出に関しては全く分かりませんが、あれだけ大きな機械を
海外に運ぶにはかなり費用と煩雑な手続きが必要だと思うのですが・・・

 

 

農機具王ツイッター三重店、求人情報

 

ツイッターで農機具王三重店の面白いツイートを見つけました。
内容はこちら。求人情報です。

 

 

 

 

 

注目すべきはチェックポイントの箇所です。なんと昼食が毎日支給されます。
これは素晴らしいですね。給料日前の金欠状態でもお昼ご飯は食べられます(笑)
また、仕事に必要な資格が取得できるのも良いですね。

 

 

就業時間は9時6時です。朝食を家族みんなで食べて出社出来るので嬉しいですね。
髪型、アクセサリーも自由ですが、農家さんとのお仕事ですから常識の範囲で。
あまりにも奇抜な髪型は控えたほうが無難でしょう。

 

 

欠点は休日が木曜日と他一日という事で土日固定ではないという事くらいでしょうか。
給料の水準は一般的ですが歩合給が付いているので頑張った分だけ給料が
たくさん貰えるます。従業員のヤル気の向上にもなりますね。

 

 

三重県鈴鹿市道伯周辺に限られますが、応募してみるのも面白いと思います。
普通のサラリーマンよりも刺激のある仕事ができそうです。

 

 

 

 

 

 

 

農機具王 8月1日 アメ−バブログ記事

 

 

8月1日(水)から8月31日(金)の1ヶ月間 『SUMMER SALE』を開催するそうです。買い取った農機具を整備して販売します。農機具王は買取専門と思っていたのですが期間限定で販売もするんですね。これは知らなかった。自宅の近くに農機具王の営業所がある農家さんはチャンスですね。

 

 

農機具を購入すれば当然メンテナンスなどでお世話になるし、次回の買い替え時も相談に乗ってもらえる。何事もそうですが「近い」というのは大きなコストパフォ−マンスとなるので、そういった意味でも非常にお得です。

 

 

まだ買い替えの予定が無くても、どのような農機具が展示されているのか見に行った方がいいですね。店員さんと接して少しでも仲良くなっておけば次回の購入見込み客として覚えてもらえます。

 

 

普段から仲良くなっておくのがポイントですね。

 

 

 

 

 

 

農機具王 6月15日 アメ−バブログ記事

 

 

農機具王では公式サイト以外に、アメ−バブログを運営しており、買取した農機具の紹介以外にも日々の生活の中でおきた様々な出来事を記録しています。このブログは2013年からスタートしており中古農機具買取がはじまった初期のころからずっと継続して投稿されてます。

 

 

 

ブログを書いたことがある方はお分かりかと思いますが、ブログに記事を更新していくという作業は簡単に見えてかなりの労力を使います。しかも農機具王のブログにはキャッシュポイントがありません。アフィリエイトを行わず、純粋に記事だけを更新しているのです。

 

 

 

一円の稼ぎにもならないブログの更新を続けるには高いモチベーションが必要になります。一日の業務を終え、事務処理を済ませ、その後にブログを更新しているのだと思いますが仕事に対する高い意欲がないと、ここまで継続するのは不可能です。

 

 

 

労働環境が整っており「社員一人一人を大切にしている」という事が想像できます。前置きがに長くなりましたが、農機具王のブログ記事を紹介していきます。今回選択した記事には年代物の中古トラクターの搬出作業をの模様がアップされていました。クレ−ンを使って豪快に引き上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が小さくてお顔がよくわかりません。確認したい方は、福岡店にお越しくださいw

 

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
 (農機具王様から頂いたメッセ−ジです!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る