離農する場合の注意点

離農する場合の注意点

 

 

日本の農業従事数は年々減少しています。これまで農業を営んできたものの体力の衰えから農業を辞める方や、後継者がいないという理由で廃業される方もいらっしゃいます。更にご家族の方が亡くなりそれを期に農業を辞めるケ−スもあります。

 

 

 

また農業を取り巻く環境が大きく変化し、農業を行って作物を生産しても手間暇かけた分の利益が出せない。という事も農家さんが農業を辞める要因となっています。

 

 

 

こういった様々な理由で離農される訳ですが、農業を辞めた後も注意しなければならない
点があります。以下の2点をきちんと確認しておく必要があります。

 

 

 

1.畑や田圃などの農地の処分をどうするのか?

 

 

離農するというのは、農業を辞めてしまうという事ですが、言い換えれば、作物の生産つまり田畑の耕作を止めた時点で離農したと言う事になります。この様な形で農業から徐々に遠ざかってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

 

しかし、田畑の管理をきちんとしなければ、雑草が生い茂り、周囲の田畑に迷惑をかけてしまいます。離農した場合、こういった土地の管理をどの様に行っていくのか?という問題が発生します。

 

 

 

田畑は、地目では「田」もしくは「畑」と分類されているため、許可を受けていない
農地の転売は出来ません。(農地法3条による)

 

 

 

売却するには農地の地目を変える手続きを行った上で農地を転売する必要があります。
売らずに所有しておく場合も管理の問題をきちんとクリアしておかなければなりません。

 

 

 

2 農機具の処分をどうするのか?

 

 

農業を長年営んでこられた方の多くは複数の農機具を所有しています。トラクタ−やコンバインなど大型の物から手押しの耕運機や草刈機など様々です。こういった農機具の処分も考えておかなければなりません。

 

 

 

納屋に放置したままでは機械が日を追うごとに劣化していき、それに伴い
資産価値も下がってしまうので迅速に処分したほうが良いでしょう。

 

 

 

ただし、相続品となる場合は勝手に売却することは出来ません。ご家族の誰が相続して金額はどの程度になるのか明確にしておく必要があります。当サイトでご紹介している方法を使って査定を行い、金額を見積もってもらいましょう。

 

 

 

無料で査定してもらえますから気軽にお願い出来ます。その後の
最終的な処分方法を決めてから売却しましょう。

 

 

 

最後に・・・

 

 

離農する理由は様々ですが、どの様なケ−スになった場合でも、一度はご家族やご親族の方との話し合いの場を設けきちんと確認しておきましょう。離農後の土地や農機具の管理、売却について問題になるケ−スが以外に多いのです。

 

 

 

大きなトラブルに發展する事もあるので慎重に対処しましょう。農機具の査定を買取業者にお願いする場合は離農についての手順や確認事項など査定士さんにそれとなく訪ねてみて下さい。職業柄、農機具買い取りの様々なケ−スに対応しているので上手にアドバイスしてくださいます。

 

 

これも農機具買取業者を利用する場合の大きなメリットだと言えます。
是非、参考にして下さい。

 

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
 (農機具王様から頂いたメッセ−ジです!)

 

 

 

トップへ戻る