北米戦略に生き残りをかけるクボタ

農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えならコチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

北米戦略に生き残りをかけるクボタ

 

 

日本を代表する農機具メ−カ-、「クボタ」は13日、米国の農作業機器メーカー「グレートプレーンズマニュファクチュアリング」(カンザス州、GP)の買収を発表。買収金額は約495億円。GPは米国最大手の農機具メ−カ−でトラクターでけん引する種まき機や草刈り機を手がける。クボタは2014年から北米で大型トラクターの販売に乗り出しており、今回の買収をテコに現地の大規模農家向けの販売を強化する。北米では大型農機のニーズが高くトラクターでけん引するタイプの大型の種まき機や草刈り機などの需要が拡大している。クボタは買収により、品ぞろえを拡充する。 
                      (日本経済新聞社より一部抜粋)

 

 

 

 

農機具の販売不振が続くクボタですが逆風が吹きすさぶ厳しい状況の中で活路を北米に
見出したようです。国内の販売不振は相変わらずですが、アジア地域でも明るい話題は
ありません。

 

 

 

中国では農機具購入の際に国から支給されていた補助金がクボタ農機具の一部について
停止されていました。その分をクボタが自腹を切って補填して販売した為、販促費が増加
利益が出るどころの話では無くなっています。(現在補助金の支給は再開されています)

 

 

 

政情不安のタイでも販売が激減しています。中国やタイの農業環境は稲作中心の農業で
欧米よりも日本に似ており、日本メーカーが国内で培ってきた稲作専用機のノウハウが
活かせるフィールドであると言えます。

 

 

 

実際に機械化が進んでいない現場に農機具を持ち込んだ際には作業効率が大幅に
上がり非常に高く評価されました。しかし日本製の農機具の導入はほとんど進んで
いません。アジア農機具市場において優位性を持つ日本農機具メーカーにとって

 

 

 

今後、農機具の需要拡大が見込まれるアジア地域は、ビジネスを拡大するうえで
非常に重要な市場です。しかし、なぜ農機具が売れていないのでしょうか?

 

 

 

その原因は農機具の価格です。中国では都市部と農村部の所得格差が大きな
問題になっていますが、所得の低い農村部の農民には日本製の農機具を購入
するには年間所得の何倍もの金額が必要なのです。

 

 

 

クボタは中国で農機具の生産拠点をつくり、生産を行っていますが部品供給
などの面でコスト削減が進まず農機具の普及はほとんど進んでいません。
地場メーカー製の低価格な農機具が市場の 9 割を占めている状態です。

 

 

 

また日本製の中古農機具も大量に持ち込まれており、低価格競争の
様相となっています。薄利多売、労多くして功少なしの状態です。

 

 

 

この状況に見切りをつけ北米に乗り出し、今のうちに他社の追随を許さない鉄壁の
牙城を作る事を最重要課題としたのでしょう。中小型トラクターに絞って世界展開
してきたクボタが、方針を変え、130〜170馬力の大型トラクター販売に

 

 

 

「生き残りをかけた」と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

この戦略が上手くいけば大型トラクターだけに価格も高額なので販売単価が上がり
それに伴い利益も増加する事でしょう。北米市場で地盤を固め経営状況を改善
しつつ、状況の変化を待ち、転機が訪れれば一気に攻勢に出てアジア市場を奪還
するつもりでしょう。クボタの戦略、今後の動向から目が離せません。

 

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

農機具売却,農機具販売,中古農機具

 

 

 

 

トップへ戻る