日本の農業を救う次世代型スマ−ト農業

農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えならコチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

日本の農業を救う次世代型スマ−ト農業

 

 

ロボット技術などを活用した「スマート農業」の普及に向けた取り組みが本格化している。
北海道やホクレンなどは2016年11月30日から12月2日まで札幌市白石区流通
センター4のアクセスサッポロで最新技術が体験できる「北海道スマート農業フェア」を
開催。農機具メーカーや大学、研究機関など60社が参加。最新技術を駆使した新たな
農業の普及を目指す。

 

スマート農業とはロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用するもので、超省力生産や
高品質生産の実現が可能となる。2015年3月に閣議決定された国の「食料・農業・農村
基本計画」で次世代農業として位置付けられており農家の高齢化や担い手不足を補う農業
として期待されている。

 

                                              ( 毎日新聞2016年11月12日 地方版より一部抜粋)

 

 

 

衰退の一途を辿る日本の農業を救うべく新たな取り組みが本格的に始まりました。
農作業は基本的に体力勝負の仕事で重労働です。作業負担を減らし効率を良く
する目的で機械化が進み農機具の導入が進みましたが、それでも農業人口は
高齢化が進み年々減少しています。

 

 

 

この状況に危機感を覚えた国や自治体は最新のテクノロジ―を導入する事で作業者
の負担を減らし作業効率を向上させるべく本格的に動き出しました。この計画は上手く
軌道に乗れば、生産性の大きな向上が期待できる画期的なシステムだと思います。

 

 

 

具体的な内容としては、全地球測位システム(GPS)を使ってトラクタ−を
自動操舵したり農作物の育成状況や農地の状況を小型無人機「ドローン」に
搭載したカメラを使って確認します。

 

 

 

ドロ−ンを使った農作物の確認は、この計画以前から実際に行われており害虫
駆除として一般の企業からサ―ビスの提供が行われていました。ドロ−ンで
農作物の状態を撮影し、事前に登録した作物の「色」と照合します。エラ−が
出た箇所は登録した「色」と異なった状態だという事になります。

 

 

 

つまり害虫が食い荒らしていたり病気になっている状態です。ピンポイントで
把握できるので、その部分だけを確認して害虫を駆除すればよい訳です。かなり
の負担が軽減されます。将来的には農薬散布も計画されているそうです。

 

 

 

北海道技術普及課によると、道内では既にGPSによる自動操舵装置の普及が
始まっており、シンポジウムや現地実演会などが各地で開催されているとの事です。
その他の目玉としては力作業を楽にするアシストスーツなどが注目されています。

 

 

 

こういった最新の技術を活用する事で作業負担が軽減され効率がアップすれば
農業の衰退に歯止がかかると大いに期待されています。機器の値段が高く、使い方
も難しいなど普及に向けた問題が残っていますが、導入が進み普及すればコストも
下がってくるので焦らずに長いスパンで取り組む事になるでしょう。

 

 

 

先ずは最先端システムの内容をしっかりと理解して専門家の
意見を聞きながら検討していく必要があると思います。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

農機具売却,農機具販売,中古農機具

 

トップへ戻る