中古コンバインの選び方

<無料>農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えなら、コチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

中古コンバインの選び方

 

 

中古農機具としてトラクターに次いで、需要がある機械がコンバインです。
コンバインは稲や麦の刈り取り作業だけに使うので、農繁期中でも特に
稼動時間の少ない機械です。

 

 

 

 

 

 

しかし、使用頻度とは裏腹に本体価格は非常に高額で、大型の
コンバインの中には一千万円以上する機種もあります。農機具の
中でもかなりの高額な商品となります。

 

 

 

 

 

 

コンバインは非常に複雑な構造になっており、それらが連携しあい稼働
しています。エンジン、走行部、刈り取り部、脱穀部、タンク部、稲ワラ
排出部などの様々な機構が稼働しながら、稲刈りを進めていきます。

 

 

 

複雑な機構が多いので消耗部品の管理が重要になります。主な消耗品は
ベルト、刈り取り部のカッター、ゴムで出来ている足回りの
クローラーなどがあります。

 

 

 

 

 

 

これらの消耗品の消耗度合いが、コンバインの程度の
良し悪しを確認する判断材料になります。

 

 

 

1か所でも不備があれば厄介なのですが、逆に消耗部品の管理がしっかり
してあれば多少年式が古く、アワ−メ−タ−が進んでいても、程度の良い
機械と言えます。 新品は非常に高額なので程度の良い中古コンバインは
最もお買い得な農機具といえます。

 

 

 

今回、中古コンバインを選定する基準をご紹介致しましたが、この内容は
中古コンバインを査定する場合に確認する項目にもなります。この部分が
クリアー出来ていれば高額査定が期待できます。参考にしてください。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

 

トップへ戻る