中古田植え機の選び方

<無料>農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えなら、コチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

中古田植え期の選び方

 

 

田植え機もほかの農機具同様、農繁期に使用します。農家の
作付け面積にもよりますがだいたい一週間程度の使用で田植えは
終了し、後は倉庫や納屋で長期間保管する事になります。

 

 

 

 

 

 

コンバイン同様使用頻度の低い農機具です。年数が経過していても
稼動時間が極端に短いため、エンジンに入っている燃料の劣化に
気を付けて管理していれば、エンジンは特に問題ないと言えます。

 

 

 

気を付ける部分はやはり消耗部品になります。消耗する部分は土に
直接触れる植え付け部にタイヤ、ベルト類などのゴム製パ−ツです。

 

 

 

ゴム部品を保護するア-マ-オ−ルなどのケミカル剤を塗っておけば
ある程度はパ-ツの性能を維持していくことは可能です。

 

 

 

しかし、経年劣化によるヒビ割れや傷などはどんなにマメに手入れ
していても避けては通れないので、消耗が激しいようであれば
交換をしなければなりません。

 

 

 

また、田植機はメーカーによっては特殊な苗床を使っている機種もあるので
今使っている田植機からの買換えで、中古田植機を選ぶのであれば
周辺機材が適合するかどうか注意して調べておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

年に一回、農繁期にしか使用しない田植え機ですが、ほかの農機具同様
新品は非常に高価です。上記の点をクリア−した中古田植え機であれば
選んで間違いないお得な農機具と言えます。

 

 

 

中古田植え機の選定基準はそのまま、中古田植え機買い取り査定の
基準となります。この項目が良ければ高額査定も期待できますので
是非参考にしてください。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

 

トップへ戻る