20年、30年落ちの農機具が売れる理由は?

<無料>農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えなら、コチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

20年、30年落ちの農機具が売れる理由は?

 

 

農機具買取業者のサイトには必ずと言っていいほど
「年式の古い農機具も買取の対象になります」

 

 

 

この様な記載があります。古い機械は売却せずに廃棄
するのが普通ですが、なぜ買取できるのでしょうか?

 

 

 

「実は・・・・」

 

 

 

年式の古いトラクタ−やコンバインは日本国内で販売するよりも
海外での需要が多く、輸出する台数の方が圧倒的に多いのです。

 

 

 

 

 

 

コンピューターが導入されている新型の複雑な農機具よりも
作りが簡単で型式の古い機械の方が簡単にメンテナンス
出来るので人気がある訳です。

 

 

 

東南アジアなどの発展途上国の農村では複雑な農機具よりも
「簡単に整備出来る」という事の方が重要視されています。

 

 

 

故障した場合その都度、整備士を呼ばなければ修理できない
複雑な農機具よりも簡単に修理できる方がいいに決まってます。
考えてみれば至極当然の事ですね。

 

 

 

それに20年、30年落ちの農機具の方が年数が経過している分
価格も安いので一石二鳥という事で好まれて取引されています。

 

 

 

こういった理由から20年も30年も前の古い農機具が
市場で活発に取引されているのです。

 

 

 

 

 

 

「なんでも全て100%確実に高値で買い取る」というのは、正直言って
厳しいかも知れませんが廃棄をお考えでしたら、その前に買い取り
業者に連絡してみる事をオススメします。

 

 

 

「古い機会だから廃棄するしかない」という考え方はは改めて
買い取り業者に連絡を入れて査定をしてもらいましょう。

 

 

 

想像以上の金額で買い取ってくれるかもしれません。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
 (農機具王様からのメッセ−ジです!)

 

 

 

トップへ戻る