農機具の盗難について

農機具の盗難について

 

農機具の盗難が関東エリアを中心に発生しています。数年前に複数の外国人窃盗団が
暗躍した時にくらべれば被害件数は減っているようですが、詳しいデ−タを入手
出来なかったので被害額は不明です。

 

 

以前に比べてニュ−スなどで報道される事もなく人々の関心も無くなりつつあるので
表ざたにならないだけで実際には被害額は減っていないのかもしれません。農機具の
盗難防止にはしっかりとしたセキュリティーシステムが必要不可欠です。

 

 

 

農機具盗難の背景には様々な原因、要素があります。

 

@ そもそも古い農機具なので盗まれる事はないという認識不足

 

A 農機具の保管は母屋から離れた車庫や軒下に置いている

 

B 古い農機具は同じ機種ならカギが共通で使える

 

C 翌日も作業で使うので自宅に持ち帰らず現場に放置

 

D 中古農機具が高値で売買されるようになった

 

 

 

@そもそも古い農機具なので盗まれる事はないという認識不足 

 

 

農機具が高値で売れると思っている農家さんはいません。実際に
査定に出して高値が付くと非常に驚かれます。古い機械だから
売り物にならない、値打ちが無い為、盗まれる心配は全くないと

 

思っているのです。こういった認識不足からセキュリティ対策も
皆無で、窃盗が始まった初期の頃は非常に簡単に盗み出す
事が出来たそうです。自動車同様に農機具にもしっかりとした
防犯対策が必要です。

 

 

 

A農機具の保管は母屋から離れた車庫や軒下に置いている

 

 

農機具の窃盗は当然ですが深夜に行われます。しかも農機具は
母屋から離れた倉庫や納屋に保管しているケ−スが非常に多く

 

防犯システムも無い為、簡単に引っ張り出せるという訳です。
母屋から離れていれば少々の物音がしても見つかりにくいのです。

 

 

 

B古い農機具は同じ機種ならカギが共通で使える

 

 

驚愕の事実ですが、古い農機具は機種が同じならカギが共通で使えます。
メ−カ−で製造された段階でこの様な仕様になっているのです。信じられない
事ですが、同じカギを入手出来れば簡単に動かす事が出来るのです。

 

泥棒が合いカギを持っているのと同じなので、古い農機具をお持ちの方は
十分注意しましょう。もちろん最近の農機具はそれぞれに異なったカギが
使われていますので多少は安心できます。

 

 

 

C翌日も作業で使うので自宅に持ち帰らず現場に放置

 

 

トラクターを翌日も使うので畑に放置していて盗まれる事例も報告されて
います。自宅でも盗まれる事もあるので畑に放置してある状況というのは
完全に無防備な状態になります。これは絶対に止めましょう。

 

 

 

D中古農機具が高値で売買されるようになった

 

 

近年は古い農機具でも買い取ってくれる業者が増えました。程度の良い
農機具であれば意外な高値がつきます。海外での需要が高まっている
からです。盗難品でも海外の発展途上国や管理が緩い国では簡単に
売りさばくことが出来ます。外国で販売するために盗難が多発していると
言っても過言ではありません。

 

 

 

農機具の盗難防止対策

 

 

農機具の盗難防止には様々なアイテムが販売されています。強力なチェーンロックや
監視カメラ、GPS式の追跡装置などですが、効果が期待できるかと言うと疑問です。

 

 

過去の事例ではチェーンロックなど簡単に切断していますし、監視カメラにしても
犯人が写ってはいても探し出して特定するのは不可能です。国外に逃亡されたら
それまでです。犯人の手際の良さを歯噛みしながら映像を見るだけとなります。

 

 

犯人は農機具を夜間に盗み出した後はヤードと呼ばれるトタン塀で囲んだ場所で
細かく小さな部品に解体します。エンジン等の製造番号は削られ、出処が判別
出来ないようにします。その際にGPSなども見つかり壊されるので役に立ちません。

 

 

防犯アイテム単品では効果が期待できないので複数用意すると良いでしょう。
窃盗犯は万国共通で音と光を最も嫌います。センサー付ライト、ブザーを先ず
設置し、その上で出入り口をトラックなどで塞いで、最後にチェーンロックを
しておきます。

 

 

センサーライトやブザーが鳴っている状況の中でチェーンロック切断し、トラックを
動かし農機具を盗もうとする強者はいないでしょう。大抵はセンサーライトが
反応した時点で退散する筈です。

 

 

 

もし盗難の現場に遭遇しても絶対に犯人に声をかけてはいけません。自宅の戸締りを しっかり行い直ぐに警察に電話しましょう。農機具王のブログにも記載されていますが、命の危険に関わる事なので軽率な行動は控えましょう。

 

※ 実行犯を見つけても声をかけたらダメです。農機具王のブログ。

 

 

 

 

「農業機械盗難被害情報共有システム」

 

 

 

 

万が一農機具が盗難にあったら、速やかに最寄りの警察署、交番に届け出るほか
購入先の農機具販売店、JAにも連絡を入れましょう。

 

 

現在は農機具の盗難に対して、農業機械盗難被害情報共有システムが機能しており
関係団体(警察・行政・税関等)と情報(型式・機体番号など)を共有する事で
盗難農機具が容易に売買出来ない様になっています。

 

 

もし仮に盗難された農機具が販売店に売却目的で持ち込まれても、情報を
確認して直ぐに警察に通報できるので窃盗の抑止となります。更に、税関との
連携は効果絶大で輸出時に通関書類と照合する事で不正な輸出を阻止
出来るようになっています。

 

 

 

■ 最後に・・・

 

 

農機具が盗難にあえば、農作業が進まず大きな影響が出ます。また再度購入
するにしても金銭的にかなりの負担となります。非常に深刻な状態に陥って
しまいます。農機具の盗難は他人事と思わず、万が一に備えて農業機械の
盗難保険(農業共済の農機具共済等)にも加入しておきましょう。

 

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
・何でもお聞きください。

 

 

 

 

トップへ戻る