様変わりする販売形態

<無料>農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えなら、コチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

様変わりする販売形態

 

 

中古農機具は販売の面でも従来とは異なり大きく様変わりしています。これまでは農機具メ−カ−や農協、
地元の農機具販売店がメインで販売していました。

 

 

 

中古農機具は農協の展示会などでよく目にしたもの
です。しかし最近は中古農機具業界に新たな企業が
次々と参入しており大きな利益を上げています。

 

 

 

こういった企業は国内では地域密着型の店舗を全国
規模で増やして営業を展開しており、また一方では
北米やアジアなどにも中古農機具を輸出しています。

 

 

 

取り扱う中古農機具のうち新しいものや比較的程度の良いものは
日本国内に対応させ10年から20年以上前の古くて低価格の
農機具は主に海外に販売しています。

 

 

 

独自の輸出ルートを持っている業者は買い取りした農機具を確保している
供給先に販売しているのです。海外では農業を生業としている人が多い国は
たくさんありますので、こういった国々に輸出することで日本の農家が手放した
トラクターやコンバインが新たな持ち主の元で再利用してもらえるのです。

 

 

 

また、海外では低機能でもメンテしやすい低価格の農機具が好まれており
最新のハイテクで高額な農機具をそのまま持って行ってもまず売れない
のだそうです。日本の古くてシンプルな中古農機具は海外の農作業の
現場にはうってつけなのです。

 

 

 

しかし、この海外市場にも低価格を売りにした韓国や中国などの
農機具メ−カ−が参入してきており楽観できない状況です。

 

 

 

日本の農機具メ−カ−もこれに対応する動きを一部、見せており
今後は農機具の低価格競争に発展、激化するかもしれません。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

 

トップへ戻る