農機具を高く売りたい人必見!高値で売却する方法教えます

農機具を高値で売却する方法お教えます

 

 

 

 

中古農機具が大きな注目を集めています。近年はベンチャー企業が中古
農機具の買取ビジネスに次々と参入しており、大きな利益を上げています。

 

 

その規模は田舎の中小企業レベルでも上手くいけば粗利率50パ−セント
以上、営業利益20パ−セント以上と言われており、非常に利益率の
高い魅力的なビジネスモデルとなっています。

 

 

ですが、特に難しい事を行う訳ではなく、中古のトラクタ−や壊れて動かない
コンバインを買い取り、レストアして販売する至ってシンプルなビジネスです。

 

 

年式の新しい機械は国内での買い替え需要に対応させ、それ以外の古い
農機具は海外に輸出します。販売先の二極化が進む事でどの様な
農機具でも買取が出来る様になりました。

 

 

各社ともにCMを流したり、ホ−ムペ−ジを公開して熾烈な買取合戦を
繰り広げています。この状況は明らかに売り手市場と言えます。高値で
買い取って貰える状況です。

 

 

しかし実際には皆さんが満足するだけの金額は付かないでしょう。買取業者も
「高く買います」と謳っていても、実際の買取金額は公開していません。

 

 

「安く買い取って高く売りたい」 という買取業者の思惑が見え隠れしています。

 

 

この様な状況で、何も考えずに買取業者に農機具をただ「見せるだけ」では相手の
ぺ−スにはまってしまい、高値を付けるのは不可能です。どうしてもある程度の
駆け引きが必要になります。特別な技術が必要な難しい事ではありません。
誰にでも実践できる内容です。

 

 

今回は農機具を高値で売る方法を特別に公開しますので
是非最後までお付き合いください。

 

 

 

農機具を高く売る具体例、教えます。

 

 

農機具を売るには専門の買取業者に連絡して査定をお願いする事になります。
しかしポイントを押さえておかないと安く買い叩かれてしまいます。
注意すべきは次の3点です。

 

 

 

農機具の査定は複数の業者にお願いする

 

 

農機具の査定を依頼する場合、3件から5件ほどの業者に連絡してお願いしましょう。

 

>当サイトおすすめ農機具買取業者はコチラ<

 

1社だけに査定してもらった場合、他に比較するものが無い為
査定額が高いのか安いのか判断できません。

 

買取業者は安く買い取って高く売るのが仕事ですから言葉巧みに安い査定額で
依頼者を納得させようとします。悪質な業者に当たった場合は更に最悪で

 

「古い機械で金額は付かないので無料で引き取ります」
などと平気で嘯きます。しかし・・・・

 

他のまともな業者が適正な価格を提示してきた場合、こういったインチキを
行う事は不可能になります。きちんとした価格を出さないと、高値を付けた
業者に持って行かれるからです。

 

農機具の買い取りを希望する業者が他にいれば、業者間での競合となり買取
価格が上がっていきます。非常に嬉しい状況となる訳です。この様に複数の
業者に依頼する事によって不正の防止になるだけでなく価格競争も起きやすい為
高値が付く可能性が非常に高くなります。

 

複数の業者に依頼した場合、業者との交渉に時間がかかるので多少面倒では
ありますが高値が付けば10万程度の金額の差は普通ですからここは頑張りましょう。

 

 

農機具の査定は同じ日にお願いする

 

 

農機具の査定を5件ほどの業者にお願いした場合、1日に1件、5日で
5件と思われるかもしれません。しかし、これでは時間がかかり面倒です。

 

 

複数の業者に査定を依頼する場合でもすべての業者を同じ日に呼び
査定してもらいましょう。「業者の方に失礼になる」などと心配する
必要はありません。

 

 

他の業者にも査定をお願いしている事をきちんと伝え、「一番高値を
付けた業者と契約する」と話しておけばよいでしょう。ライバルの
業者が他にいるだけで業者間で牽制し合う為、価格競争が起こり
不正の防止にもなります。この点は先ほどお話ししたとおりです。

 

 

更に、買取業者が言葉巧みに営業を仕掛けてきた場合でも
「他に高値を付けた方がいるのでお譲りできません」と
あっさり切り返す事が出来ます。

 

 

査定士さんは農機具の査定を行うだけでなく言葉巧みに安く
買い取るプロですが、他に比較する対象があれば、プロの話術を
簡単にかわすことが出来ます。丸め込まれる事が無くなる訳です。

 

 

この様に同じ日に査定を依頼する事で時間の短縮になるだけでなく
非常に有利な状況で査定を進めていけるのです。
この点もしっかり
覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

契約する時は細心の注意を払う

 

 

農機具の査定が終わって最終的に高値を付けた業者と契約する事になるのですが
印鑑を押す前に契約書をきちんと読み内容を確認しましょう。どんなに小さな
文字で書かれていても読み飛ばしてはいけません。

 

 

小さな文字ほど、重要な内容が書かれている場合が多いのです。しっかり確実に
確認しておきます。特に注意しておきたいのは、査定金額の変更に関する内容です。

 

 

契約して農機具を引き取ってもらった後に、買い取り業者から連絡が入りました。
会社の工場で整備をしていたら重大な欠陥が見つかったので買い取り額を変更
したい。差額を返金して欲しいと言うのです

 

契約した後になってそんな事を言うのは納得できないと反発するが契約書に書いて
ある事なのできちんと対応して欲しいとの事。契約書を確認すると小さな文字で
記載されていました。

 

「契約後に農機具の異常が見つかった場合は返金請求をする場合があります」

 

 

これは実際に報告された事例です。最近はこの様な業者は減っていますが
それでも契約内容は100%確認しておく必要があります。査定金額の変更に
関する内容が書いてない場合でもその場で確認して契約後の返金請求には
応じないとハッキリさせておきます。

 

 

その場で契約書に一筆書き加えても良いでしょう。もし業者側が拒否したら
契約は中止して売却は断ります。二番目に高値を付けた業者に売却先を
変更します。査定士さんがいくら愛想が良くてもそれは、相手の感情に訴え
かける作戦なので、契約時には毅然とした態度で望みましょう。

 

 

少し長くなりましたが、上記の内容をきちんと実践すれば間違いなく
買い取り額は高くなります。売り手と買い手の両方が満足する取引は
簡単には実現できないかもしれませんが、双方の妥協点を見つける事で
納得のいく取引が出来ると思います。中古と言えども農機具の売買は
大きな金額になりますから細心の注意を払って取り組みましょう。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
 (農機具王様からのメッセ−ジです!)

 

 

 

 

トップへ戻る