農機具を高く売りたい方必見!高値で売却する方法お教えします

農機具の販売に挑戦してみましょう

 

農機具売却,農機具販売,中古農機具

 

 

20年前の古いトラクタ−や倉庫に置きっぱなしの、壊れて
動かなくなった
コンバインが高値で売れる事をご存知ですか?

 

 

 

農機具は畑を耕したり、稲を刈り取るなどの、重労働である農作業の効率を高め生産性をアップさせる非常に便利な機械です。しかし・・・

 

 

 

使わなくなった途端に邪魔な置物となってしまいます。車よりかさばるので置き場所にも困りますし、特に農業を辞めた場合は複数の農機具の処理に頭を悩ませる事になります。

 

 

 

こういった場合、農協に相談したり、農機具を購入した販売店に引き取りをお願いして
みるのもいいかもしれません。上手く処分出来ればそれに越した事はありません。ですが、ほとんどの場合、農機具の処分に費用が掛かる為、高額な処分費用を払って引き取ってもらう事になります。

 

 

 

しかし、この様な中古の農機具でも買い取ってくれる専門の業者があるのです。20年以上前の古いトラクタ−、壊れて動かなくなったコンバイン、エンジンの調子が悪い田植え機など、どんな農機具でも買取の対象になります。

 

 

 

廃棄するしかないと思っていた農機具にも実は価値があるのです。廃棄する前に、農機具買取業者に連絡をして農機具の査定をお願いしてみましょう。機械の種類や状態によっては思いがけない高値が付くこともあります。

 

 

 

 

 

 

当サイトでは農機具を売る為の基本的な知識から買い取り業者の情報と買い取り実績など
農機具販売に必要なお役立ち情報を掲載しています。後悔しない納得のいく農機具販売を
行う為にもしっかりした知識を身に付け、農機具販売に挑戦してみて下さい。

 

 

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

※複数の農機具買取業者に査定を依頼し競合させる事で
 高値での売却が可能になります。

 

 

 

● 農機具買取査定君 

 

 

 

・東証マザ−ズ上場企業の農機具買い取りサ-ビス。
・最大5社からの査定結果を受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

● 農機具王 

 

 

 

・どの様なご要望にもできる限り対応致します。
・何でもお聞きください。

 

 

 

 

 

 

アクセスが多い記事一覧

前回、前々回の記事■儲かる農業について考える■ツイッタ−を使って売り上げアップする方法こちらの記事が以外にも反響があったので本日も続編として記事を作成してみました。最後までお付き合い頂ければ幸いです。常識の陰に潜む意外な落とし穴農作物の販売サイトを運営していく上で必要な要素は先ずアイデアです。誰も行...

※前回の記事 儲かる農業について考える。前回の記事ではネット上に販売サイトを作って、そこで作物の販売を行う方法をまとめました。しかしサイトを作るには作ったものの、「アクセスが全くない」という状況になると思います。作ったばかりのサイトはグ−グルなどの検索エンジンに表示される事はほとんどない為3か月から...

「農業は儲からない」離農する農家さんは口をそろえて、この様におっしゃいます。農作業は重労働に分類される、体力勝負の過酷な仕事です。しかし、頑張って働いても農作物の出来高はその年の天候、気候に左右されることも多く、思ったほど稼げない場合も多々あります。また、農協依存の古い体質や諸外国との貿易による兼ね...

"”出典:KUBOTA PRESS農機具メ−カ−最大手のクボタは自動運転機能を搭載したアグリロボコンバインの販売を2018年12月よりスタートさせます。次世代型スマート農業というコンセプトの元にクボタが開発した文字通り、次世代型の自走コンバインです。簡単な初期設定(手動運転で農地の外周を走り、マップ...

農機具買取査定君では最大で5社から農機具の査定結果を受け取ることができます。これは依頼者が1に対して業者が5、つまり5対1という事になります。しかし、農機具を買取出来るのはシステム上、1社だけです。残りの4社にとっては見積もりを出して対応したけれど成約(買取)出来なかった、つまり無駄な時間を過ごして...

複数社一括査定が人気の農機具買取査定君ですが、今回の記事では詳しい利用方法をお伝えします。農機具の売却をご検討中であれば最後までお読みになり、ご利用頂ければと思います。中古農機具の査定を依頼する方法農機具の査定依頼の送信に関して、注意点や特に難しい部分はありません。@まず農機買取査定君公式サイトにア...

こちらのカテゴリ−では農機具買取業者のブログ記事やツイッターに掲載された記事を抜粋してご紹介いたします。管理人の独断と偏見で選んでおりますのでその点はご了承くださいw収穫の秋やっと刈った。後は11月から米粉用と、wcs。#稲刈り#クボタ#コンバイン pic.twitter.com/0wbALjHOC...

農業とIT技術を融合させた次世代農業と呼ばれるスマ−ト農業。当サイトでも取り上げましたが、その計画は着々と進んでおり、農機具メ−カ−最大手のクボタからGPS内蔵の農機具が発表されました。これは業界初となる農機具で直進キ−プ機能が搭載された田植え機です。田植え機の運転はトラクターと違い、稲を植えながら...

日本の農業従事数は年々減少しています。これまで農業を営んできたものの体力の衰えから農業を辞める方や、後継者がいないという理由で廃業される方もいらっしゃいます。更にご家族の方が亡くなりそれを期に農業を辞めるケ−スもあります。また農業を取り巻く環境が大きく変化し、農業を行って作物を生産しても手間暇かけた...

このほど農林水産省による農業経営者向け働きガイドが作成されました。これは人手不足問題に対する指針となる内容で働き方改革、経営者向けガイドと農業関係団体や行政に対する提言として取りまとめられました。特に重要なのは経営者向けガイドです。●農業経営者向けガイド「やりがいのある稼げる農業のための意識改革」■...

トップへ戻る