農機具の車体の傷は直した方が良いか?

<無料>農機具を高値で売却する方法お教えします

 

農機具の売却をお考えなら、コチラをお試しください。
高値で買い取ってもらうには、この方法が最も効果的です。

 

更なる高値を呼び寄せる方法

 

 

農機具の車体の傷は直した方が良いか?

 

 

 

 

 

農機具を売却するなら少しでも良い査定をしてもらい少しでも高い値段で
買い取って欲しいと誰でも普通に考えるでしょう。自動車を下取りに出す時と
同様に洗車などを行って見映えを良くするのですが、そこで気になるのが
農機具の車体に付いた大小さまざまな傷とそこから発生したサビです。

 

 

 

綺麗に洗車した後などは特に目立ってしまい非常に気になります。査定額も
下がってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

車体に発生したたサビは、ほんの初期の段階であればコンパウンドや補修材を
使って除去できますがある程度の大きさになってしまうと修復は難しくなります。

 

 

 

表面上は大した大きさではなくても塗膜の下で想像以上に広がっているので
綺麗に修復するのは素人には不可能です。整備士に依頼する事になります。

 

 

 

この傷を「補修した方が良いのかどうか」考えてみます。

 

 

 

農機具についた傷を補修するのか?結論から書くと・・・

 

 

 

 


結論から書くとサビの修理はせずにそのままの状態で査定に出しましょう。
少しでも
査定額を上げる為に費用を払ってでも直したいという気持ちは分かりますが修理に
かかる費用と修理をすることでアップする査定額を比較すると簡単に理解できます。

 

 

 

農機具買取業者が自分達で傷の修理を行う場合は原価で行います。しかし
私達が修理を依頼した場合、部品代の他に作業工賃が上乗せされます。
つまり利益分が加算されるわけです。その結果高額な金額が請求されます。

 

 

 

ほとんどの場合、修理にかかる費用の方が高くついてしまうので多少の修理を
したところで結局は損をしてしまうのです。傷を隠した方が絶対に査定額が
上がると思われるかもしれませんがプロの査定士の方が見ればどこに傷が
あって、どんな修理をしたのかは直ぐに分かります。

 

 

 

少々の事ではプロの目を誤魔化す事は出来ません。誤魔化すには
それこそ大金を投じての修理になるので確実に損をします。

 

 

 

これなら修理しない方が良いという判断になるのも頷けると思います。
ただし見映えを良くする為にも最低限、洗車は行ってください。

 

 

 

その後コンパウンド入りのワックスをかけておけば微細な傷は無くなり
ますから、この程度の補修ならやっておいても損にはならないと思います。
無駄な労力を使わずに綺麗にしておくのがポイントです。

 

 

 

当サイトおすすめ、中古農機具の買取業者はコチラです

 

 

 

20年前の古い農機具でも買い取り対象になります。無料査定のお申し込みは
簡単なフォ−ムに必要事項を記入して送信するだけ。今すぐお試しください。

 

 

中古農機具買取専門店 農機具王

 

 

 

 

トップへ戻る